回答1

回答1

回答1

回答1

カードローンの重視ポイントのひとつとして返済の際の金利が挙げられるでしょう。
ではカードローンとキャッシングではどれほど違ってくるのでしょうか。
まずキャッシングとは、少額な現金を得るために使われることが多く、返済方法も近年多様化をしつつありますが翌月の一括払いが基本となっています。
それに対しカードローンは家や車の購入など、大口の融資を受けたいときに使われることが一般的です。
そのため長期の分割払いで支払えるようになっています。

金利というものは一般的に投資額が多く借りる期間が長いほど年利が低くなるようになっています。
大口の融資を長期間で返していく方が金利は低くできているのです。
ですが借りる期間が短いと払う利息は少なくなるので、長く借りていればやすく借りられるというわけではありません。
その点から見ると、カードローンの借り方とキャッシングでの借り方にはそれぞれ利点があり、どちらが得でどちらが損というわけではなく、借りる目的に合わせ使い分けることが金利との上手なつきあい方のようです。
早期に返済できる場合はキャッシングを利用することで金利が高くても短く返すことになり安く済みます。
そして長く借りるなら、より金利が低いカードローンを探し長期間で返していくことで支払う金利を抑えることができるのです。